視点の角度と小言まま

アクセスカウンタ

zoom RSS あかちゃんがうまれた?

<<   作成日時 : 2013/03/23 19:33   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

うめ吉が言います。

「あかちゃんがうまれた」

「あかちゃんがうまれた。おぎゃ〜」

「あっははは!よかったね〜!」



そりゃ〜地球のどこかであかちゃんは生まれているでしょう・・・

人間のあかちゃん。

犬、猫、とり、ハムスター、クジラやしろくまだって

季節の営みのなかで誕生はしているとは思うけど・・・

むかし、病院の掲示板に貼ってあった詩を

思いだしました。こんな詩です。


会議が開かれました
地球から、はるか遠くで。

”また 次のあかちゃん誕生の時間ですよ”

天においでになる
神様に向かって
天使たちはいいました。

もしかして一人前に
なれないかもしれません。

だからこの子は、下界で出会う
人々に、気をつけて
もらわなければならないのです。

もしかして
この子の思うことは

なかなかわかってもらえない
かもしれません。

何をやってもうまく
いかないかもしれません。

ですから私たちは
この子がどこに生まれるか
注意深く選ばなければ
ならないのです。

この子の生涯が
しあわせなものになるように。

どうぞ神様
この子のためにすばらしい
両親をさがしてあげてください
神様のために特別な任務を
ひきうけてくれるような
両親を

その二人は
すぐには気がつかない
かもしれません。

彼ら二人が自分たちに
求められている
特別な役割を。

けれども
天から授けられた
この子によって
ますます強い信仰と
豊かな愛を抱くようになるでしょう。

やがて二人は
自分たちに与えられた
特別の
神の思し召しを悟ようになるでしょう。

神からおくられた
この子を育てることによって。

柔和でおだやかな
この貴い授かりものこそ

天から授かった
特別な子供なのです。


エドナ・マシミラ
大江裕子訳



この詩を通院のたびに読み返して
いたのを思い出しました。
自閉症と診断を受け
只々・・・
日々の生活の葛藤と向き合わなければ
気持ちが折れてしいまいそうだった頃
同じような思いを抱えている
子育てをしているおとうさん。おかあさん。
そして、療育センターの医師、看護師、
セラピストの方々
そんな出逢いがあったから
今、障害を抱えている子供と共に
生きてこれたのかもしれません。
まだまだ・・・
いろいろことがたくさんあるでしょう。


「おなかすいた〜!!」

さて・・・
ご飯の支度をしましょう。









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
あかちゃんがうまれた? 視点の角度と小言まま/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる